強力な防カビコート剤でエアコンや壁紙のカビを年単位でカビ防止

防カビコートPRO
技術講習/一般ページ

こちらの講習は当研究所の会員のみが受講できる実技形式の講習です。会員様は会員専用ページ↗をご覧ください。

カビ取り・防カビ研究一筋35年以上の博士が開発した防カビの特許技術を使ってエアコンの他、様々な場所に強力な防カビ効果を作用させることができます。

ポイントは壁掛けエアコンや業務用エアコンの他に天井や壁面にも使える技術なので、貴社既存サービスの品質向上から事業の拡大も視野に入れることができます。

※当研究所は防カビ剤を使って塗布することを「防カビ加工」と呼んでいます。



相性がいいサービスはエアコンクリーニング、浴室クリーニング、窓クリーニング、壁紙の貼替、塗装、室内除菌・消臭などを事業としている方です。

防カビコートPRO技術講習

防カビコートPROの受講料金
受講料金77,000円(税込)
受講資格会員のみ
形式座学・実技形式
講習内容壁掛けエアコンの
防カビコート
開催会場埼玉県比企郡嵐山町
持ち物印鑑※

■受講条件

  • 当研究所の会員のみが受講可能です。※月会費に変更はありません。
  • 活動がWEBサイト上で証明できるもの(ホームページ、マッチングサイトの自社ページ等)が必要です。
  • 会員規約とは別に当研究所と「秘密保持契約」を締結させて頂きます。
  • 印鑑は個人事業主または法人の開業届に使用した印鑑をお持ちください。
  • 防カビコートPRO技術講習は少人数制(1~2名)の実技講習です。1名でも開催します。

■講習日程

講習日程は会員専用ページに掲載しています。

■会員のみが扱える薬剤

以下の製品は会員のみに提供されるものです。

エアコンに使用するものは防カビゼロのみですが、エアコン以外の防カビ施工を事業化する場合はこちらに掲載されています。

塩素系カビ取り剤カビゼロ
品名塩素系カビ取り剤 カビゼロ
内容量1kg
使用量エアコンでは使用しません。
流通一般購入できません。
アルコール系カビ取り剤カビゼロ
品名アルコール系カビ取り剤 カビゼロ
内容量1kg
使用量エアコンでは使用しません。
流通一般購入できません。
業務用防カビ剤防カビゼロ
品名業務用防カビ剤 防カビゼロ
内容量1L
使用量エアコン1台に対して30~50ml
流通一般購入できません。

防カビの特許技術で使う薬剤

経済産業省、国土交通省に新技術として認定されたこの特許は「除カビ→殺菌→防カビ」の順番で防カビ施工することで、様々な場所に強力な耐久性のある防カビ被膜を形成できる技術です。

そのため防カビ施工を事業化する場合は上記3つの薬剤が必要になりますが、エアコンに使うものは「防カビゼロ」のみです。

防カビコートPROで
できるようになること

本講習で学べることはエアコンに対しての防カビコートPROです。使う道具はすべて揃えても1,000円以内で済みます。

防カビ施工を事業化する場合は無料の会員勉強会でお伝えしています。

試験では180日間で再発していたエアコンのカビを、約2年半~3年間防止しました。※同時に行った他社試験では長くて1年間でした。

エアコンクリーニングのオプションを強化しよう!
エアコンクリーニングのオプションに

本講習では防カビコートPROの基本を学ぶことができます。

ノーマルエアコンやお掃除機能付きエアコンの送風ファン・吹き出し口・羽・カバーなど、胞子を飛ばす危険なカビが発生する部分を強力に防カビコートできます。使用する薬剤は「防カビゼロ」です。

貴社既存のオプションサービスに追加して他社と大きな差別化を図れます。

エアコンクリーニングの完全分解をさらに強化しよう!
エアコン完全分解で防カビコート

こちらは完全分解できる会員様向けです。当研究所では完全分解の講習していませんが防カビコートPROの使用方法は簡単なので、基本を知ればすぐに活かすことができます。

ドレンパンやエアコン後方部など、通常のエアコンクリーニングでは薬剤が塗布できない部分にも防カビ加工をして他社と差別化を図りましょう。使用する薬剤は「防カビゼロ」です。

業務用エアコンクリーニングのドレンパンをカビから守ろう!
業務用エアコンのドレンパン

こちらは業務用エアコンクリーニングができる会員様向けです。講習はしていませんが使用方法は簡単なので、基本を学べばすぐに活かすことができます。

業務用エアコンのカバーやドレンパンなどアルミフィン・電装部以外を防カビ加工できるので、貴社既存のオプションサービスに追加して他社と大きな差別化を図りましょう!

根強いリピーターを構築する

エアコンクリーニングを依頼してくるお客様の中には「カビがすぐに生えて困っている」という方がたくさんいらっしゃいます。

貴社が防カビコートPROを施工すれば1年~最長3年間カビが生えないので次回もリピートしてくれることでしょう。

この防カビコートは大切なリピーターを増やせる技術なのです。

できることは
エアコンに限らない

本講習で学ぶものはエアコンへの防カビコートPROですが、防カビ施工を事業化したい場合、会員は無料で学ぶことができます。

以下は5年以上の防カビ効果を発揮できます。

当研究所を監修している防カビ施工のプロは10年以上防カビ効果を維持しています。

貴社のサービスメニューに「防カビ施工」を追加して事業拡大を狙いましょう!


技術まなぶ

エアコン以外に防カビ加工する方法は申し訳ございませんが、会員様専用のページで観覧可能となっています。

会員様はこちら↗から会員専用防カビコートPRO技術講習ページをご確認ください。


以上の4項目をオンライン勉強会で無料で学ぶことができます。

ここまでできるようになると薬剤が3つある理由が分かるのでより事業化しやすくなります。

危険行為

アルミフィンへの防カビ剤使用は危険

当研究所では被膜タイプの防カビ剤をアルミフィンに使用することは禁止しています。本格的な防カビ剤ほど以下ように被膜を作るからです。

※ただし被膜を作らない防カビは対象外です。

被膜を形成する防カビ剤

この画像だけでも伝わると思いますが、高性能な防カビ剤ほど水や風で剥がれないように「被膜剤、固着剤、撥水剤」などを混ぜています。

ではこれをアルミフィンに使うとどうなるかというと

わかりにくいかもしれませんが、被膜や固着剤によってアルミフィンが目詰まりを起こしています。

被膜がアルミフィンを劣化させる
溶けた被膜によってエアコンが黄変する

通常のアルカリ洗浄剤では取れないので、剥離作用のある洗浄剤を使って除去します。

このままエアコンを使うと熱交換器がうまく働かずに電気代が高くなってしまうでしょう。高温により溶けだしてプラスチックが黄変しています。

ニュースでも報じられているように発火したら危険です。「なぜ、このようなことが起こるのか?」を受講者様に実験でお見せします。

薬剤浸透力試験
被膜耐久試験

当研究所では上記のような数々の実験を受講者様にお伝えしています。

アルミフィンに使用できる防カビ剤も会員様に提供しています。

楽しく学べるようなカリキュラムを用意しています

座学が難しいので、少しでも楽しく防カビ剤の仕組みや真実が理解できるように、様々な実験や実技を用意していますのでお気軽にご参加ください。

通常の7倍の試験

防カビを知るには避けて通れない日本工業規格があります。それをJIS Z2911カビ抵抗性試験と言います。

通常はカビ抵抗性試験7日、14日、21日、28日間から期間を選び、その期間の試験を1回だけ行う会社が多いです。

通常の7倍のカビ抵抗性試験

カビが発生しやすい木材(ベニア板ほどの厚さ)に防カビゼロを塗布したもの(検体)をシャーレ内に設置して、数種類のカビ胞子(特に繁殖力が強い白カビ類を含む)が攪拌された栄養水を噴霧。温度26度±1、湿度95%以上の空間で28日間放置。この試験を検体を変えずに7回(196日間耐久)繰り返したものが上記の表です。厚さのないろ紙や栄養がないプラスチック材などカビが生えにくい検体はなし。※2022年8月の記録。
通常のエアコンや部屋で【大量のカビが攪拌された栄養剤が7回も噴霧される場所】は限られているので、とても厳しい試験を通過しています。

防カビコートPROで使用されている防カビゼロは、基本的な28日間耐久試験(一番長い試験)を同じ検体で7回(196日間)クリアしています。

試験をした第三者機関も「同じ検体でここまで何度も繰り返し耐久試験をして、カビが生えなかったのは知らない」というほど、防カビ効果を維持した製品です。

最も大切なことはカビが生えなかった期間

何百種類のカビを除菌した試験でも、3ヶ月でカビが生えていたら防カビとは言えません。

繰り返しますが大切なことはカビが生えなかった期間です。

「防カビゼロ」ではカビ抵抗性試験28日間を通常の7倍(196日間耐久)試験を実施して、カビの繁殖が見られませんでした。

ただし現実は…

カビ抵抗性試験は決められた菌類を使って試験します。しかし実際の環境では様々な汚れ、カビ以外の菌種、環境(気温、風、天候、湿度)に左右されます。

そのため最も信頼できる情報は実際の環境で記録した防カビ期間なのです。

カビ抵抗性試験はあくまでも目安であることを覚えておきましょう。

営業ツール

せっかく防カビコートPROを学んでもWEBサイト上で宣伝できなければ意味ありません。

例えばハウスクリーニング系マッチングサイト、Googleマップ、自社ホームページで以下のような文字だけでは説得力がないと考えています。

そのため当研究所では営業ツールとしてデザイン画像を受講者様にお配りしています。


株式会社純閃堂の壁掛けエアコンクリーニングページの一部

ノーマルエアコンクリーニング

エアコンクリーニング / 純閃堂
基本料金8,000円(税込)

※1台の料金です。※追加オプションは下記からお選びください。

防カビコート無料
防カビコートPRO3,000円(税込)
室外機簡易洗浄2,000円(税込)

※防カビコートPROは吹き出し口や羽を強力に防カビ加工して長くて3年間防止する技術です。


いかがでしょうか。

上記では目立っていないので通常の防カビコートと「防カビコートPRO」の違いが分かりません。

そのため、お客様が画像一枚で防カビコートPROを理解できるように以下のようなデザイン画像を準備しています。

ハウスクリーニング系マッチングサイトでも使用できるように文字数や表現を少なくした営業ツールです。


技術まなぶ

申し訳ございませんが、ハウスクリーニングマッチングサイトで使える営業ツールの詳細は会員様専用となっています。

会員様はこちら↗から会員専用防カビコートPRO技術講習ページをご確認ください。


■必須記載事項

過度な表現は景品表示法または薬機法違反に触れる可能性がありますので以下の必須事項をお守りください。

例えば「日本一」「最強」「唯一の…」「完全」などの最上級表現はできません。

また大腸菌・レジオネラ菌、ノロウイルスなど特定の細菌・ウイルスを殺菌するなどの表現は禁止です。


技術まなぶ

申し訳ございませんが、お客様にご案何できる安全性の部分は会員様専用となっています。

会員様はこちら↗から会員専用防カビコートPRO技術講習ページをご確認ください。


■終わりに

この特許技術は今まで法人のみを対象にしてきた技術なので、扱える技術者も少ないという事実があります。

さらに建築と微生物を理解していないと施工できないので、熟練した技術者になるには10年間必要です。

防カビ施工を知るには発生した菌の知識が必要
建物構造の知識が必要

日本人は菌に敏感な人が多く、気候も湿度が高いのでカビが生えやすい環境です。

そこで当研究所は防カビ施工を事業化したい方を積極的に教育し、自然災害によるカビ汚染が問題になっても社会貢献できるように活動しています。

そのように変えた理由には以下の出来事があるからです。

BMC:LABOの目的

当研究所の目的は、防カビ技術者を日本中に広めることです。

それは地震や台風で災害が発生した地域で起こる「二次災害」を起こさないためでもあります。

二次災害には様々な種類がありますが、一つの例は「浸水した住宅は必ず大量のカビが発生」することです。

台風によって浸水した純閃堂
壁面に発生した粉カビ

カビは人間に害があるカビ毒を生成し建物を腐朽させます。

ある年に起きた大型の台風では広範囲で浸水被害が報告され日本中から防カビ施工の依頼が来ましたが、防カビ技術者の人数が少ないため対応しきれませんでした。

BMC:LABOではこの教訓から、カビ対策ができる防カビ技術者を日本中で育成し、自然災害から少しでも多くの人を二次災害から守ると決意しました。

受講を迷われている会員様や当研究所の目的に共感してくれた会員様は、この機会にどうぞご利用ください。

防カビ施工をする人が少ない今が絶好のチャンスです。

防カビコートPRO技術講習は既存のサービスにオプションとして追加できる技術から、防カビ施工への事業拡大が狙える講習項目です。


防カビコートPROは特許取得実績のある工法名称を当研究所に合わせて変更したものです。商標を取得しています。